妊娠・出産 産後ダイエット

痩せたと実感!ズボラママでも続けられる産後ダイエット4選

こんにちは🍑
今回は産後ダイエットについてご紹介いたします!

 

尻ペン腰振り体操

お尻にボールペンやシャーペンなど、ペンを挟んで腰を左右に動かすダイエット方法です。
お尻の筋肉を使うのでヒップアップ効果も期待でき、お腹に力を入れ腰を円を描くようにまわしたり、左右に動かすことで骨盤やお腹の腹筋にも効果が期待できます!

毎日、朝歯を磨く時や食器の洗い物の時、お風呂上がりのドライヤーの時など、生活の行動と一緒に運動することにで、運動の時間を作るのが難しいママや、ズボラな私でも続けることができます。

 

授乳スクワット

授乳中や寝かしつけの時にスクワットする方法です。
ただ座って授乳よりも、時間を有効に使えますし、赤ちゃんを抱っこしながらのスクワット運動で、足以外にも腕にも効果が期待できます!

いきなりスクワッットだときついママは、バランスボールを使ってみるのもオススメです◎
ゆっくりとスクワットすれば、その揺れで赤ちゃんが寝てくれることもありますよ。
授乳以外にもスクワットで寝かしつけもできるのでオススメです!

 

産後用ガードルやベルト

どんなに頑張って運動をしたり食事制限をしたりしても、骨盤が歪んでいると太りやすい体になる可能性が。自分の体に合った産後用のガードルやベルトで骨盤矯正しましょう。

運動しなくても身につけているだけで産後ダイエットができるので、時間がなくても疲れていてもできるのでオススメです。
余裕がある時はマッサージや整体で、より効果が期待できます!

 

なるべく母乳育児を

母乳育児は、それだけで産後ダイエットの効果を得られる一番オススメだと思う産後ダイエットです。
赤ちゃんが母乳を飲むことによって、ママのカロリーも消費するため、母乳育児だけで数ヶ月後には妊娠前の体型に戻るママも。

母乳育児は赤ちゃんにとっても良い効果がたくさんあり、産後ダイエットにもなるので一石二鳥です!
出産後は母乳が出やすくなりますが、母乳の出が悪いときは念入りにおっぱいマッサージをしたり、食事に気を付けてください◎

 

さいごに

産後はまだ体も疲れていたり、育児で大変だったりします。
毎日続けることも大切ですが、疲れた時は体を休めるのも大事です。
人によって自分に合うダイエット法は異なるため、無理せず、自分のペースで産後ダイエットを。
ダイエットのための時間を作れるよう、日々の生活の中に取り入れると負担が少なく、続けられます!
産後ダイエットを行うことでストレスを感じてしまうと、母乳育児に影響が出たり、産後うつになる可能性があるため、育児の状況や自分の体調、心の状態と相談しながら産後ダイエットを行うようにしましょう。

-妊娠・出産, 産後ダイエット
-, ,

© 2021 ぐーたら主婦の子育て日記と独り言 Powered by AFFINGER5