子育て

妊婦検診からの入院2日目、促進剤

羊水が基準より少なく急遽入院となり、その日の夜にラミナリアで子宮口を開き、
次の日の朝に検診からの促進剤でした。

朝ごはんを食べてから、だいたい朝7時くらいから診察、ラミナリアをとってもらいました。
入れるときも痛かったけど、抜くときも地味に痛い、、。
触診で3cm子宮口が開いていたので分娩室に案内され、すぐに点滴での促進剤でした。

最初は促進剤もそんなに量も多くなく、少なかったので痛みもなくベッドに横になり寝ているだけでした。

時間が経つにつれだんだんと痛みが出てきましたが、促進剤をはじめてから1時間くらいたった9時くらいからは少し痛いくらいでお菓子を食べたり余裕がありましたが、
10時頃には生理痛のような痛みをもっと強くした痛みが30〜40秒、2分間隔で規則的になりました。

何度か子宮口の開きなどを確認したりと様子を見ながら、促進剤をだんだんと強めていたため、
お昼頃には痛さも結構感じていて、ずっと座っていられずに立ち上がったり、歩いたりして気を紛らませていました。

お昼は病院で食事が出たのでそれを食べましたが、痛くて食事がまともにできず、
半分も食べれませんでした。

そこからは時間と痛みとの戦いでした。
30分おきくらいに先生や助産師さんが様子を見にきてくれ、子宮口の開きなどを確認しながら促進剤を徐々に強くしていきました。

13時や14時頃には痛みが強かったため、夫に背中をさすってもらったり、マッサージやお尻を押してもらいながら痛みに耐えていました。

痛くても痛くても子宮口が開ききらないとお産が進まないしただただ痛みに耐え待ちました。

15時頃おしっことは少し違った別の感覚で水がでた感じがして、そのあとの触診の時に破水したと言われ、終わりの見えない痛みとの戦いから、少しづつだけどお産進んでるんだなと少し安心しました。

でもそれからまた長く、3時間くらい痛みと戦いました。

痛すぎて。モニターの表は2分おきの陣痛の波が表示されていましたが
実際は休みのときまで痛く感じ、
陣痛の30秒くらいは子宮をぎゅーーーーっと握りつぶされているような痛みで、
休憩の2分間くらいは生理痛のようなずしーんとしたような痛さが続き、
休む暇もなく痛みと戦いました。

-子育て

© 2021 ぐーたら主婦の子育て日記と独り言 Powered by AFFINGER5