子育て

促進剤と陣痛からの麻酔と帝王切開

7時からの促進剤で陣痛の痛みと戦い、16時頃助産師さんがたくさん様子を見に来ました。
何人も入れ代われ立ち替り来てモニターを確認したりと慌ただしい雰囲気でした。

痛みに耐えている中、触診では5センチくらい開いてきて、
赤ちゃんの髪の毛が触れるくらい頭も降りてきてますよと教えてもらい、少し安心したと思っていたのですが

産科の先生から、私の血圧が異常に高くなり赤ちゃんも苦しい状態になっていて、
危ない状況なので帝王切開にしますと言われました。

痛すぎてあまり考える余裕がなかったのですが、
とにかく赤ちゃんが無事に元気に揉まれてきてほしかったので、帝王切開に切り替わりました。

そこからはあっという間でした。

促進剤は点滴で投与されてましたが中断となり、
酸素マスクをつけられて、帝王切開についての説明などをさっと簡単にしてもらいました。
下の毛を少し剃られてから、分娩台から移動できるベッドに横になり、手術室へ運ばれました。

立ち会い出産を希望していましたが、帝王切開に変更したため
夫は待っててもらうことになり
移動の途中まで手を握ってもらったり、励ましてもらってからばいばいしました。

手術室に入ってから、麻酔の説明をうけました。
下半身の麻酔を背中に打つそうで、私にとっては始めたのことだらけで、痛みに弱いのもあり不安いっぱいでした。

促進剤はもう切れているのですが、何時間も頑張ったからか、陣痛も自然にきていたみたいで
麻酔を打つギリギリまで陣痛の痛さが襲ってきました。
陣痛の痛みがまだあったからか、麻酔を打つ痛みは多少ありましたが、思ってたよりも平気でした。

水に濡らしたコットンのようなもので、鎖骨のあたりと胸のあたりを交互に触れ冷たく感じるかどうかを聞いて麻酔の効きを調べていました。

麻酔が効いてからすぐに手術開始でした。
意識はあるものの、胸から下は見えないようになっていました。

なんとなくお腹に感覚がありましたが、さすが麻酔です。
終わるまで痛みは全然なかったです。

手術が始まってから思ったよりすぐに赤ちゃんが取り出されました。
すぐには産声はなく、それから少ししてから産声が聞こえてきて、安心したのか私まで涙が出て、少し泣いてしまいました。

産声が聞こえてからまた少ししてから赤ちゃんを、私の顔の近くに持って来てくれて
産まれたての顔を見ることができました。
顔から肩にかけて少し赤ちゃんと触れ合わせてもらいました。
今すぐにでも抱っこしたい気持ちでしたが、
体温を少し感じることができ、目も開いていて、すごく幸せな気持ちになりました。

それからは赤ちゃんは異常がないかなど検査するために移動しました。

赤ちゃんを取り出してからが時間は長く感じました。
朝早かったのもあり、麻酔で痛くなくなったのもあり、最後の方は少し眠かったです。

約1時間半くらいで手術が終わり、部屋に戻ることができました。
まだ麻酔も効いていて、身動きが取れなくベッドのうえで寝たきりでした。

赤ちゃんは念のため新生児だけのところに1日預けられるため、
この日は赤ちゃんには会えなく少し残念でしたが先生からは、問題はなく元気だと聞けました。

-子育て

© 2021 ぐーたら主婦の子育て日記と独り言 Powered by AFFINGER5