寝かしつけ

1歳の添い乳での寝かしつけ断乳の方法や期間は?夜泣きがなくなるって本当?一度断乳に失敗したママが成功した体験談レポ

1歳まで添い乳で寝かせていたママさんも少なくないはず。

添い乳にはメリットもありますが、デメリットも少なからずあり、筆者が特に頭を悩ましたのが夜泣きでした。
添い乳で寝かしつけをして、ベッドから離れたら数分後には泣き声が。
よく寝てくれる時もありましたが、ひどい時には夜中何度も起こされて寝不足なんてことも何度も経験しました。

それでもまだ保育園に入園していなかったことや、私もまだ働いていなかったこともあり、自分から卒乳するまでは、おっぱいをあげようかなあなんて思っていました。

ただ申請していた保育園が受かり、急遽保育園に入園できることに!
嬉しかった反面、まだ断乳してない!という焦りも💦

保育園までに断乳しなくては!と断乳をスタートしました。

 

断乳一回目失敗例

御昼寝の時はたまーにおっぱいがなくても寝てくれた子だったので、おっぱいなしで寝てくれたタイミングの日に夜間の断乳もしてみました。

昼間の睡眠方法はべビーカーに乗って散歩しながらいつの間にか寝ていたり、抱っこ紐で寝たり色々でしたが、基本外にいる時でした。
夜も同じように抱っこ紐をつけて外へ夜の散歩をしながら寝かせることに。
泣きはしないものの、目はパッチリ。寝るかな?と思いながらも静かな道を歩くこと2時間。ようやく寝てくれました。

ただ寝るまでにかかった時間が2時間。時間がかかりすぎて、腰も足も痛いしなにより疲れました。
夜の散歩は、いくら静かな道を選んだとはいえ、やはり外なので雑音は聞こえるし、街灯などもあるので真っ暗というわけにもいきません。

そして断乳1日目というとこともあり、すぐに夜泣きがなくなるわけでもなく、そのあとも数回泣いては抱っこしてゆらゆらトントン。
夜泣きの時は、抱っこ紐をつけたり外に出たりはしないでその場で抱っこしましたが、我が子は横抱きが好きではないらしく縦抱きでなんとか寝かしつけをしました。

この日は寝かしつけのあと3回くらい夜泣きしましたが、トントンですぐ寝てくれるときもあれば20分抱っこでユラユラしないと寝ない時もありました。

次の日のお昼寝も散歩ですんなり寝てくれて、昼の寝かしつけはなんとかクリアしたのですが、問題は夜でした。
今度は家の中で寝かしつけることに。部屋を真っ暗にしてひたすらユラユラしました。
すると泣き始めた我が子。昨日はおとなしかったのに今日は大泣きです。
昨日の夜は外だったからか、景色を見て気が紛れていたのか泣かなかったので、泣いてる様子があまりにもすごくて何度も負けそうになりました。

それでもひたすら抱っこ紐でゆらゆら。子どもはギャン泣き。時には全身を使って怒ってるんだぞアピール。

それでも2時間ちょっと頑張ってやっと寝かしつけ成功。
ホッとして抱っこ紐から外してベッドに置いたら、今度は置き方が悪かったのか、泣きながら起床。

こころがポキっと折れました。
起きてからもまた抱っこ紐でゆらゆら頑張って見ましたが40分〜50分してもギャン泣きは続き流石に疲れと寝不足も重なり諦めてしまったのです。

授乳したらストンと寝て、やっと解放されるという思いと、罪悪感や後悔の気持ちも残りました。

 

断乳二回目成功例

失敗してからしばらく心が折れて断乳の再チャレンジを諦めていましたが、保育園に通うようになり、二週間くらいたってから先生から寝かしつけ方法どうしてますか?と聞かれました。

お昼なかなか寝ないとのこで、添い乳で寝かしつけしている事を伝えると、やっぱり断乳していないとお昼の寝かしつけもそうとう大変とのことでした。

たしかに連絡ノートを見てみると最初の数日は1時間ほど寝ていた様子でしたがあとは10〜20分で起きていました。

ひどい時はお昼寝しなかった日も。

お昼は保育園だからおっぱいなしの環境だし、まだ夜泣きがあるものの、保育園に入園してからは回数が減ったのでタイミングは今なんじゃないかと二回目の断乳をすることに。
断乳中はお風呂も別にしておっぱいを隠してくださいね、と保育園からもアドバイスももらえました。

保育園でたくさん体を動かしているとのことで、家に帰ってきてもボール遊びやダンスなど体を動かした遊びをさせてなんとか疲れさせました。
そして言葉も多少わかるようになってきた様子だったので、今日からおっぱいはナイナイだよ。と声をかけもしてみました。

いつもの寝かせる時間より少し遅めにあくびをしだして眠たそうにしていたので、寝室に連れて行き部屋をやや暗めにして、抱っこしながらだんだんと部屋を真っ暗にしました。

今回は抱っこ紐は使わずに、縦抱きで挑戦して見ました。
最初は前回同様に泣き出してあばれていました。
ただ前回よりも泣きながらあくびしたり、明らかに眠そうにしていました。
昼間にあまり寝ていなかったことや保育園で運動量も代わり、帰ってきてからも体をたくさん動かして遊んだのがよかったのか、1時間ほどで寝ました!

最初に断乳した日よりも断然楽でした。

夜泣きは二回ほど。どちらも20〜30分ほどの縦抱きゆらゆらトントンで寝ました。
泣き方も、初回よりもすこし落ち着いたように感じ、気持ちも少しらくに感じました。

二日目も初日同様、帰ってきてからも体を動かすように遊ばせて疲れさせる作戦に。
添い乳で寝かしつけしていた時間よりもやや遅めくらいに眠たそうな様子になってから今度は真っ暗な寝室へ。

一日目同様、縦抱き抱っこでトントンゆらゆらしたら、最初は泣いていたものの30〜40分ほどで寝ました!
そのあとも夜泣きは二回ほどで、どちらも抱っこですぐ寝て10分もかからなかったです。

三日目以降も抱っこしてトントン背中を叩きながらゆらゆら揺れながらの寝かしつけで寝るようになり、寝かしつけの時の泣く時間もとても減りました。
夜泣きに起きてしまうことも五日もすればなくなり、とても楽になりました!!!

 

さいごに

最初は子どもの泣いている姿を見て、かわいそうに思ってしまい、授乳してしまいまいた。
今思うと準備も足りなかったように思います。

二回目の断乳で特に気をつけたことは、とにかく眠たくなるように仕向けることでした。
断乳初日から三日目が肝心だそうで、日中は保育園だったので元気に体を動かして遊んでもらい、家に帰ってきてからもなるべく体を動かして疲れるような遊びを中心に、寝かせる時間もいつもより少し遅めにしました。

そうすることにより、おっぱいがなくて泣いていても眠さと泣き疲れで寝やすくなりました。
断乳を失敗した時と比べると、成功した時の方が、泣いている途中にあくびをしたり眠そうな様子をしていたり時間も早かったのです。

また、親のメンタルとの勝負でもあります。
断乳の初日が想像していたよりも大泣きで、とても長い間泣いていたのです。
自分が思っていた以上に泣いていると、とても可哀想だし心配になってしまい、私は心が折れてしまい一回目は失敗に終わりました。
でも心を強く持って、諦めないことが肝心です。
断乳をした方が夜泣きもだんだんとなくなり、子供も夜ぐっすり寝られるようになるので、ママもラクになりますが、こどもにとってもいいことなのです。

断乳してからは本当に寝かしつけがラクになりました。
乳首も痛くならないし、夜泣きもだんだんとなくなり、朝ごはんの食べも良くなりました。
また夜におしっこをする回数が減り、一時期パンパンになって、夜だけサイズアップしたオムツも日中のサイズに戻すことができました。

 

-寝かしつけ
-, , , , ,

© 2021 ぐーたら主婦の子育て日記と独り言 Powered by AFFINGER5