子育て

【帝王切開】産後の入院生活1

産後はまだ麻酔がまだ効いていて、下半身が動けないので
痛み止めなど点滴をうっていました。また、トイレなどはチューブでした。

すぐには食事は取れず、水さえも飲めない状態でした。
ガスが出たら水が飲めると教えてもらい、初めておならをしたい気持ちになりました。

麻酔が効いていた最初の方は痛みもなく寝ているだけの状態でしたが、
だんだんと時間が経つにつれて、麻酔が切れ始めてくると痛みも徐々に感じるようになりました。

ずっと横になったままの寝っぱなしで過ごしていましたが、しばらくしてから
姿勢を左右に横に向けたり、体制を変えてくださいと指示があり、
いざ横に向こうとしても思うように力が入らなくて、力を入れようとするとお腹が痛み
体制を変えるだけなのに、なかなか辛かったです。

自力では難しく、ベッドの柵を補助に使いやっとの事で、体の向きを変えることができましたが
麻酔で気がつかなかった傷などの出産のダメージが、こんなに体に出るとは思っていませんでした。

それからしばらくして、起き上がる練習をしました。
病院のベッドなのでリモコンでリクライニングシートのようにできるので
ベッドの背中の部分をリモコンで起き上がらせて、背もたれ有りで起き上がり座る練習をしました。

麻酔はもうとっくに効果がなくなっているので、点滴での痛み止めは打っているものの
お腹はずきずきと傷の痛みと後陣痛の痛みで、座るだけでもやっとでした。

背中をベッドに預けて座っていると、最初は痛かったもののだんだんと慣れてきました。
しばらく座った状態で過ごしていましたが、今度は立ち上がる練習でした。

座るのは少し慣れてきたけどやっぱり痛みはあったので、
立ち上がることができるのか、すごく不安でした。

ベッドから足を出して第一歩、足に力を入れる時がなかなか緊張して、
看護師さんが体を支えてくれてやっとのことで立ち上がることができたのですが
足元は不安定にふらふらして痛かったです。

立ち上がる練習の時には、尿のチューブを外してもらったので、
歩く練習の時は、トイレまで歩きました。

看護師さんとトイレまで一緒に歩き、そのままトイレの練習もしたのですが、
歩くのも痛かったのですが、座ったり立ったりが一番痛み辛かったです。

時間をかけてゆっくりと練習したものの、この日は一日中痛みがありました。

-子育て

© 2021 ぐーたら主婦の子育て日記と独り言 Powered by AFFINGER5