旅行・遊び

ハワイに行きたい!妊娠後期の海外旅行は行ける?妊娠8ヶ月での飛行機や保険は?

 

妊娠前から予定していたハワイ旅行。

夫のお兄さんがハワイで結婚式をあげるので招待してもらったこともあり、
1年前からハワイ旅行の計画をたてていました✈

妊娠してからも、安定期以降だったら旅行は大丈夫だろうと
私も夫も軽く考えていたのが落とし穴でした、、

 

妊娠中の海外旅行

旅行間近になり少し気になって、妊娠中の旅行について調べてみました。
すると、妊娠中の海外旅行に1番適している時期は、一般的に妊娠16週~27週の安定期だそうで、妊娠初期や妊娠後期はよっぽどのことがない限りはなるべく避けたほうがいいとのことでした。

私は31週目(妊娠8ヶ月)でのハワイ旅行だったので、海外旅行には適していない時期だったのです😭

でも諦めきれない私は、適していないだけで行けないことはない?と思い、さらに調べてみることに。
すると27週すぎた妊娠後期の方、結構ハワイとか海外旅行されている方、少なくなかったんです!

ただ、行ってる人もいるけど妊婦だしやっぱり不安で、もし何かあった時に「行かなきゃ良かった」と後悔してからじゃ遅いので、最終的に通っている産婦人科の先生に相談しました。

31~32週くらいでのハワイ旅行、結果は行ってもいいですよと行ってもらえました。
行く前に、お腹が張りにくくなるお薬も処方してもらえるそうです。

すごく嬉しくて舞い上がってました✨

が!行けるとわかってから安心したのもつかの間でした。
大事なことを忘れていたのです。というよりは大丈夫だろうと安易に考えていたのです。。。

 

妊婦の海外保険

旅行に行く時は何が起こるかわからない。
特に妊娠中は、いままで順調だったとしても「絶対何もない、大丈夫!」なんてことはなく、もし万が一何かあった時には、現地の海外での病院を利用しなければならなくなる場合もあると思います。
ただ海外の病院って費用がすごく高いイメージだったので、何かあった時の保険は絶対に必要だと思いました。

 

保険に加入できる?

妊娠中に保険に加入することはできます。
妊娠何ヶ月だろうが基本加入はできるそうですが、妊娠・出産にかかわる疾病が生じて病院にかかった場合、その費用負担を補償してくれるかどうかは別なんです。

妊婦の海外旅行にはリスクが伴うせいか、加入は許すが妊娠・出産にかかわる疾病の補償はしないというスタンスの会社がほとんどでした💦

これじゃ保険の意味がない!
妊婦でも保証してくれるものはないの?

調べてみると、妊娠中でも加入ができて、さらに妊娠・出産関連の疾病が補償対象の海外旅行保険もありました!
代表的なのは、ジェイアイ傷害の『 t@biho(たびほ)』と、AIUの『海外旅行保険』という保険です。

ですがこれも22週まで!
なんと、日本には22週以降の保証してくれる保険がないのです。

 

海外にあった妊婦保証の旅行保険

日本にはないなら海外は?
なんと、海外には妊娠23週以降でも補償してくれる海外旅行保険がありました!

ただこれ、国外の海外旅行保険となると、英語での問い合わせがほぼ必須となり、ハードルが上がります。英語が堪能な方だと心配ないのですが、保証内容も英語、万が一の問い合わせなどサポートも英語。英語が話せない、読めないはだいぶリスキーでした。

また海外の旅行保険といっても26週くらいまでが限界のようです。

 

飛行機は乗れる?

飛行機にしても、32週以降の妊婦は搭乗できない、29週以降は医師の診断書が必要など、制限がかかるのが一般的だったのです。

保険会社や航空会社が”厳しい”と判断しているラインに差し掛かる場合は、諦めたほうがいいのかなと思えてきました。

 

ハワイでの出産事例

もし行けたとしても妊娠後期は、最悪ハワイでの出産もありえなくはないので調べてみると、ハワイで出産した女性の実際おきた事例がありました。

妊娠6ヶ月の頃にアメリカの言い手保険会社の健康保険に加入した上で、医師の許可を得て夫とハワイへ旅行したそうです。
しかし現地で破水してしまい、そのまま出産、赤ちゃんは新生児集中治療室に入ることになってしまいました。

この出産や、超未熟児で生まれた赤ちゃんのケアなどの費用は、合計で約1億1400万円。
ジェニファーさんはもちろん、加入していた保険へ支払いを求めましたが、以前膀胱感染症の治療を受けたことから「ハイリスク妊婦でありながら海外旅行をした」として保険会社から支払いを拒否されてしまったそうです。

この事例をみて、私も夫も約1億1400万円あったら今後何回ハワイに行けるだろう、このお金があれば何ができるだろう、と思いました。
実際にこんなお金が請求されてしまったら、せっかくの出産も素直に喜べないですし、赤ちゃんを抱えて借金を背負うことになります。
妊娠後期の海外旅行はあまりにもハイリスクだったのです。

しかもこの女性、事前に保険や医師の承諾を得ていたのにもかかわらず、このような事態に陥ってしまっています。

 

妊娠中の海外旅行について

結果、私たちは諦めました。
諦めが悪く行きたくて一生懸命調べて、産婦人科の先生にも許可をいただけましたが、お金は大事ですね。
万が一旅行中に出産して約1億1400万円かかってしまったら、、、

考えたくもありません。
出産して落ち着いてから行けばいいですし、約1億1400万円あったら何回でも、なんでもできちゃいます。

いやー行きたかったです。兄夫婦や両親にお土産をたくさんお願いして、産まれたら行こうねと夫と約束しました。笑

 

-旅行・遊び
-, , , ,

© 2021 ぐーたら主婦の子育て日記と独り言 Powered by AFFINGER5