子育て

【妊娠、産後の母乳事情】陥没乳首・扁平乳頭でも母乳育児はできるの?

 

母乳って出産したら出るものだと思っていました。

ですが、妊娠して初めて母乳が出ない場合もあることなどを知りました。

 

妊娠中の時に胸は徐々に大きくなりました。
常に張っている感じで、サイズも2つくらいは大きくなりました。

私は乳首が平らっぽくなていてあまり出ていません。

今までは特に気にしたこともなく過ごしていましたが、
妊娠して母乳について意識するようになってから、
授乳の時赤ちゃんがちゃんと飲めるのかな、吸ってもらえるのかなと心配になりました。

調べてみると陥没乳首・扁平乳頭でも母乳育児は可能だそうで少し安心しました。

 

赤ちゃんが吸えるように、
乳首吸引機で毎日乳首を吸引して乳首が出てくるようにしたり
マッサージで乳首が出てくるようにしたりと、乳首を出すようにする方法や

ニップルガードなどをつけて母乳をのませる方法など、いろいろな方法がありました。

 

私は妊娠中は、たまに乳首を摘み引っ張って出てくるようにマッサージ?をするだけで、
特に乳首吸引機は買わずに、マッサージも数回数えるくらいで、そんなに頻繁にはしていませんでした。

なのであまり乳首の形も変わらず
結果、産まれてからすぐには吸ってもらえませんでした。

二、三日くらいはミルクをあげて、母乳は搾乳したものを混ぜてあげたりしました。

母乳も、産後すぐに出るとは限らず、なかなか出ないお母さんや、全くでないお母さん
徐々に母乳が出るお母さんもいれば、すぐに滝のように出るお母さんもいるそうで、人それぞれでした。

私はありがたいことに産後すぐにちょろちょろ出始め、
二日後くらいには、赤ちゃんの必要な量の分はしっかりと出るようになりました。

ただ直接は吸ってもらえなかったので搾乳したものをあげていましたが、
助産師さんに指導してもらい、マッサージをしたり、乳頭保護器をつけてみたりといろいろ挑戦してみました。

すると、乳頭保護器が、最初は泣いてしまったりなかなか飲んでくれませんでしたが、
練習していくうちにうまく飲んでくれるようになりました。

病院が貸してくれて、いろいろな種類があり試しましたが、
カネソンのニップルシールドが私と赤ちゃんには合っていました。

 

このカネソンのニップルシールドを病院にいる間は使って授乳していました。
退院までに直せて吸わせたくて何度か挑戦し練習もみてもらいましたが、間に合わず
退院日に病院と同じものを購入し、家でもしばらくはニップルシールドで授乳しました。

買ったはいいものの、病院の貸してもらっていたものは柔らかかったのですが、新品のは最初は硬くて赤ちゃんが上手に吸えず大変でした。
熱湯でつけたりなんとか頑張って柔らかくしてからやっと使用できました。

 

病院では、一ヶ月も経てば赤ちゃんも口が大きくなり、乳首も母乳の出る穴も増えるから
きっと直接飲めるようになるから頑張ってねと言ってもらいました。

やっぱり一ヶ月まではニップルシールドでしたが、
一ヶ月半くらいでやっと徐々に直接のんでくれるようになり、二ヶ月になる頃には
ニップルシールドの出番はなくなり、完全に直接あげれるようになりました。

 

-子育て

© 2021 ぐーたら主婦の子育て日記と独り言 Powered by AFFINGER5