子育て

いらなかったものと嬉しかったものとは!?二人目以降の出産祝いプレゼント3選

二人目以降の出産祝いって

「今度は何を贈ろう?」

「二人目だしベビー用品はもう揃ってそう」

と、プレゼント候補が思い浮かばなく、悩んでしまうことも。
そこで二人目以降の実際にもらって嬉しかったもの、いらなかったものをご紹介します。

いらなかった!もらって嬉しくないプレゼント

  1. スタイ&ベビー服
    スタイやベビー服はお下がりもあるので、たくさん貰っても困ってしまいます。
    特に服はすぐサイズアウトしてしまったり、趣味もあるため、気をつける必要があります。
    スタイも、そんなによだれの出ない赤ちゃんだと、そもそもつける必要がなくなるので、
    もらっても使わなかったという声も聞きます。

  2. おくるみやブランケット、スリーパー
    これも上の子がいるともうすでにある可能性が高く、1つあれば十分なので、もらっても嬉しくないプレゼントになってしまいます。
    もしあげたいと思うものがあれば、直接持っているか聞いたほうがいいかもしれません。

  3. おもちゃ
    おもちゃは出産祝いの定番のひとつですが、実は赤ちゃんが興味を示さなかったりと、活躍できない可能性もあります。
    重いものや、音がなるおもちゃは環境によっても好みが分かれます。
    また子供部屋や赤ちゃんスペースに合わないで、浮いてしまう偏ったおもちゃも好まれないこともあり避けたほうが無難です。

 

嬉しい!喜ばれるプレゼント

  1. 現金や商品券
    やはり現金や商品券はリアルに一番嬉しいお祝いです。
    欲しいものや、購入しようと思っていたものの足しになりますし、
    特に欲しいものがなかったとしても、育てていく上で必要な消耗品などの購入費にもあてられます。

  2. カタログギフト
    カタログギフトなら、家族の欲しいものを選ぶことができます。
    豊富な品数が揃っているものだと、より欲しいものが見つかりやすく喜ばれやすいです。
    また赤ちゃん用だけでなく、家族や夫婦で満喫できるアイテムもあると間違い無いでしょう。

  3. 高めの消耗品
    消耗品のオムツやおしりふきは必ず使うので現実的に助かるアイテムです。
    ただ難しいのは、安いものだとお祝いっぽくなかったり、赤ちゃんに合わない可能性もあるので、
    オムツやお尻拭きでも、値段の張るものを選びましょう。

 

いらないものではなく、もらって嬉しい出産祝いを!

出産祝いは気持ちが一番大事ですが、せっかく贈るなら喜んでもらえるプレゼントを選びたいものです。

いらない出産祝いに選ばれたものでも、事前に注意してしっかりとリサーチすれば、喜んでもらえる可能性もありますので、贈る相手の好みや状況をみたり考えることが大切です。
また実際に相手に直接聞いてみてもいいかもしれません。

-子育て

© 2021 ぐーたら主婦の子育て日記と独り言 Powered by AFFINGER5