子育て

【バースプランの書き方】何を書いたらいいか迷ったら【出産・産後】

バースプランとは

バースプランは主に出産時に自分がどんなお産をしたいかを書くものです。
でも、実際に何を書いたらいいかわからず、出産や産後どのようにしたいかをはっきり伝えられないまま、嫌な思いをした…というママも。
バースプランなんて作っても出産は自分が思い描いた通りにならないかもしれないし、意味があるのかな?と思ったり…

でも実際に書くことで、

  • 自分自身がどうしたいか
  • 家族にはどうしてほしいか
  • 産後の面会はどうしたいか
  • 赤ちゃんのお世話はどうしたいか

など頭の中が整理されます。

自分が思い描くイメージを事前にしっかりと産院や家族にシェアすることで、
陣痛中や出産時、入院生活、産後の生活を自分が考えていた生活に近づけることができます。

産後すぐは体力もクタクタな中、夜間の授乳などの赤ちゃんのお世話や、ホルモンバランスで気持ちも不安定になり、
周りにこうして欲しいとか、これは嫌だということがなかなか言えなくなってしまうため、
事前に自分の気持ちをシェアしておくことが大切です。

事前にストレスを回避する意味でも、バースプランは出来るだけ詳細に書くことが重要です。

実際にどんなことを書く?

産院によって様々で、項目に沿って記入するところもあれば、自由に記入するタイプやそもそもバースプランの記入用紙がないところもあります。

基本は指定された項目を埋めていけば大丈夫な産院が多いと思いますが、項目以外にも希望があればどんどん記入しましょう!
バースプランがない産院でも自分で作成することをおすすめします。
自分のプランなので、書く分には自由です。ちょっとしたことでも、無理そうだなと思ったことでも、とりあえず記入してみましょう。
産院にもルールなどもあるので、全部は希望通りにいかなくても、なるべく希望に合わせてくれたりします。

では実際にバースプランを作成する時の6つのポイントをご紹介します

陣痛がはじまったら

まずは陣痛中の自分をイメージしてみましょう。

誰と過ごしたいか
夫と二人だけがいいのか実親も一緒がいいのか、義両親も一緒がいいのか、上の子がいる場合は一緒にいたいのか、預けるなら誰に預けるのかなど。

飲みたいものや食べたいもの
軽食におにぎりなどあったほうがいいのか、飲み物は常温の水がいいなどのこだわりも書いておくといいです。

サポートはしてほしいか
陣痛の辛い時はマッサージをして欲しいのか、腰をさすって欲しいのか、
気が散りそうだから声かけはして欲しくないなど、どんなサポートを望んでいて、どんなことをして欲しくないのかなど。

出産時は

いざ分娩台へ。

誰がそばにいてほしいか
そばにいると集中できない人はいるかな、夫に立ち会い出産して欲しい、子供も一緒に立ち会えたら嬉しいや、
陣痛中は一緒にいて欲しかった親でも、出産時には外で待ってて欲しいなど。

何を持って行こう
リラックスできるグッズがあるといいのかな、写真を撮りたいからカメラも持っていきたいな、
汗っかきだからうちわやタオルは持って行こうかななど。

産まれた時
産まれてくる瞬間を録画したい、カンガルーケアがしたい、産後すぐのツーショット写真をとって欲しい、へその緒を自分で切りたいな、胎盤を見てみたいな、など

入院中

お見舞いは
初日はゆっくりしたいから、夫以外は誰とも会いたくないな
親は何日以降に呼ぼうかな、入院中にきて欲しくない人はいるかな、
午前中は来て欲しくない、午後は何時までにしてほしい、長時間はいないで欲しいなど

産後のママへは
助産師さんや看護師さんにどういう風に接してもらいたいのか、
授乳中は親でも見てほしくないなど

退院時

交通手段
タクシーを手配して欲しいか、車で迎えにきてもらうのか、最寄駅までの送迎バスはあるのかなど

お迎え
誰にお迎えに来て欲しいか、一緒に来て欲しくない人はいないかなど

服装や荷物
セレモニードレスを着せて欲しいのか、荷物の宅配サービスはあるのかなど

赤ちゃんのこと

お世話
誰かにサポートを頼むのか、お願いしたいことや、手伝ってもらいたくない事や人など。
パパとママの赤ちゃんのお世話の分担は偏り過ぎていないか
こんな事はして欲しくないや、なるべく抱っこは夫がしていて欲しいなど。

授乳
完母で育てたいのか、混合やがいいのか、完ミに切り替えるタイミングなど。
授乳だけはなるべくパパママだけであげたいのか、親にもサポートして欲しいか

赤ちゃんグッズ
メーカーのこだわりはあるか、これは使って欲しくないなど

 

さいごに

バースプランは自分の気持ちに向き合うためにも時間をかけて作成することをオススメします。
旦那さんと一緒に作成してみてもいいかもしれません。
産院で一度見てもらい、しっかりとシェアして、心地よい環境づくりをめざしていきましょう!

 

-子育て

© 2021 ぐーたら主婦の子育て日記と独り言 Powered by AFFINGER5