子育て

産まれたらすぐにとっておきたい2つのこと

 

 

▶︎ 手形・足形

 

赤ちゃんは産まれてからあっというまに大きくなってしまいます。

あとでやろうと後回しにしてしまうと、産まれたばかりのちいさな手形や足型を残すことができなくなってしまします。

私も実際に手形・足形をとろうと思っているうちに、時間がたってしまい、
なかなかとれず、とれたのは産後二週間後くらいになってしまいました。
産後二週間後に手形・足形をとり、またその一週間後にも手形・足形をとってみました。

とったものを比べてみると
一週間だけしか経っていないのに、足や手のサイズは大きくなっていました。

できれば出産する病院に頼むのが一番いいと思います。

こちらから言わなくてもとってくれる病院もあるみたいですが、
あらかじめ言っておいたほうが無難だと思います。

病院によっては断られるところもありますが、だいたいはとってくれるところが多いと思います。

また病院にお願いしたほうが綺麗にとってもらえます。

自分たちでもできますが、これがなかなか難しいんです。

もし自分たちでやる場合は、赤ちゃんが寝ている時をお勧めします。

起きている時だと、手や足をバタバタさせてしまったり
手をギューーーっとしてしまい手形をとるのに一苦労です、、。

寝ている時だとバタバタせずおとなしくて
比較的とりやすいのでぜひ寝た時を見計らってチャレンジしてみてください^ ^

 

 

▶︎ 写真やムービーは毎日撮ろう

 

産まれてから日に日に赤ちゃんは顔が変わっていきます。

産まれた日と次の日じゃ、顔のむくみが少し取れてきて顔がすっきり見えるし
腫れぼったくなっていた目も、腫れが引きまた変わってきます。

私のオススメは産後一週間くらいが一番可愛く撮れた気がします。

産まれたばかりはむくみなどで腫れぼったかったり、まだお肌もなんとなくしわくちゃで、
二週間もたつと逆に顔周りがふっくらして大きくなってきてしまいます。

どの瞬間もとっても可愛いのですが、ベストは一週間後くらいが顔もちょうど整ってきて、ふっくらしすぎずいい感じでした。

本当に毎日毎日、顔が変わってしまいますので、その日その日を写真に収めることをオススメします。

 

写真でオススメなのが、横にぬいぐるみをおいて並べた写真です。
大きさがわかりやすく、そして可愛いです。

撮ってからまた日にちをおいて同じようにとると、どのくらい大きくなったかもわかるので
あとで見比べても楽しいです。

 

また、写真もですがムービーも大事です。

口をすぼめ、とがらせる仕草やニコッと笑ったり、手などをビクッとさせるモロー反射など
赤ちゃん特有の仕草があり、これも新生児のときしかみれないので
ムービーを録って思い出に残しておくことをオススメします。

 

 

-子育て

© 2021 ぐーたら主婦の子育て日記と独り言 Powered by AFFINGER5