妊娠・出産

出産準備で必要なリスト、お産セットをコンパクトに!

 

赤ちゃん用品の出産準備品はある程度同じですが、ママの入院準備となると出産する病院によって、違ってきます。
いつから準備が必要?いつまでに何をしておくの?持ち物は?など初めてだと色不安な事もありますが妊娠9か月ごろまでに準備すれば大丈夫なので時間はたっぷりあります。

病院によっては病院側で準備がしてあって、自分では持っていかなくてもいいものもあります。
お産セットと呼ばれる大きなバッグに入った物を病院で用意してくれているところは少なくありません。
このお産セットの内容は病院によって様々なので荷物を出来るだけ少なくする為にも出産する病院へしっかり確認する事をオススメします。

 

出産の入院に必須の持ち物リスト

□ 母子手帳
□ 診察券
□ 健康保険証
□ 印鑑

 

陣痛・分娩中にあったら便利(なくても平気)な入院準備持ち物リスト

□ 飲み物(ペットボトル500ml)
□ うちわ
□ 使い捨てホッカイロ
□ 冷えピタ
□ ストロー・ストロー付きのペットボトルホルダー
□ 軽食(ゼリーなど)
□ デジタルカメラ
□ ヘアゴム
□ フェイスタオル
□ 薄手のカーディガンなどの羽織もの
□ ミニバッグ
□メイク道具&基礎化粧品

 

病院で貸してもらえるか確認した方がいいもの

□ テニスボール
□ 授乳クッション
□ ドーナツクッション
□ パジャマ
□ スリッパ
□ 産褥ナプキン
□ 清浄綿
□ 母乳パッド
□ ガーゼ
□ タオル
□ ボックスティッシュペーパー
□ 爪切り
□オムツ
□おしりふき
□入院中の赤ちゃんのウエア

入院中の生活に必要な入院準備持ち物リスト

□ 前開きのパジャマ×3組程(病院に用意がなかったら産後の検診や授乳に便利です)
□ 授乳用ブラジャー×3枚程
□ 産褥ショーツ×2枚程
□ 靴下
□ ガーゼ
□ タオル
□ 洗面、入浴グッズ
□ メガネやコンタクトレンズ(普段使用している場合)
□ ウエットティッシュ(おしりふきで代用も)
□ 骨盤ベルト
□ 小銭
※ 産褥(さんじょく)とは、妊娠および分娩で変化した体や生殖器が、妊娠前の状態に戻るまでの期間のことで、通常産後6週~8週を指します。

 

退院のタイミングで必要な持ち物

□ ベビーウェア(セレモニードレスやおくるみなど)
□ 赤ちゃんの肌着
□ 紙おむつ
□ ママの退院用の服(退院時記念写真をとる事なども視野に入れて選んでおく事をオススメします)
□ 分娩・入院費用
□ 会社への届け出に必要な書類
□ チャイルドシート(車でのお迎え時に装着してきてもらう)

 

なかなかの大荷物になってしまうので、事前に病院に何が用意されているのか、貸し出しができるのかなど確認し、必要最低限のものに厳選しましょう。

また入院中に持ってきてもらうものや、退院時に持ってきてもらうものをバッグ別に分けておくと荷物が少なくすみます。

絶対に必要な物は妊娠9か月になるまでには用意しておきましょう。
もし忘れたとしても、旦那や両親が届けるのに、わかりやすい場所に置いておきましょう。
絶対に必要な物は、出産する病院から、これは用意してきてください!という書類などを渡されると思いますので、しっかり確認しましょう。

しっかり準備をして、陣痛がはじまっても焦らずに、用意したバッグをもって、赤ちゃんとの入院生活を楽しんでください。

-妊娠・出産

© 2021 ぐーたら主婦の子育て日記と独り言 Powered by AFFINGER5