離乳食

炊飯器で簡単離乳食レシピ!初期の十倍がゆから人参など野菜も一緒に作れる!?

 

離乳食、少ししかまだ食べないのに毎回作るの大変ですよね。

小さな赤ちゃんも目が離せない中、周りのお母さんはどうやって離乳食を作ってるのかきになりませんか?

作り方もいろいろありますが、その中でも私が特におすすめの忙しいママでも簡単にできちゃう離乳食の作り方をご紹介いたします!

無理せず作れるよう参考になればと思います🍚

 

離乳食は炊飯器で作れる

離乳食は基本茹でるだけの簡単作業です。

ただこの簡単な作業が、あかちゃんの面倒をみながらだといつもより時間がかかったり、少量の離乳食づくりのために、いちいちお鍋を使ったり、洗い物も増えるしと意外と大変、、。

レンジでチンする方法もあるけど、あかちゃんの食べるものだし、ちゃんと美味しくできるか不安という声も。

そんなママにおすすめなのが炊飯器です!

大人のお米を炊くときに一緒に入れて、お米を炊くスイッチをいつも通りに押すだけの簡単作業で出来ちゃうんです🍚

 

炊飯器メリット

炊飯器での離乳食づくりは、調理にかかりっきりならずに済むのでママにも赤ちゃんにも嬉しいです✨
また、野菜などを茹でるのにも失敗なくできたり、調理の後の洗うお鍋が一つ減るので忙しいママにも最適です♪

 

作り方レシピ

大人のお米を研いだ後に作りたい分だけの野菜や、別の容器に入ったお米を一緒に入れます。

私の場合だと1合お米をといで、湯のみなどの陶器などに研いだお米、小さじ1(5cc、5ml)を入れ綺麗な水を十倍がゆなら5×10=50なので50cc入れてます。

おかゆの入れ物ですが、わたしはお茶の湯のみを使っていますが、炊飯器に入れられる大きさの陶器や、耐熱用のものであれば、100円ショップなどに売っているシリコン製のものでも大丈夫です。

野菜も、今回は人参やキャベツを使っていますが、じゃがいも、ほうれん草など使う分を切って直接お米の上に置いて作れます。

あとは炊飯器にセットして、いつも通りにスイッチを入れお米を炊けばできちゃいます。

出来上がりはこんな感じです↑

できてすぐは熱々なので火傷に気をつけて野菜やおかゆを取り出しましょう。

後はおかゆはすりつぶし、野菜は裏ごしすれば出来上がりです!

 

作り方ワンポイントアドバイス

・十倍がゆは耐熱カップにお米とお水を入れて10~30分置く
・炊飯器を通常モードで炊く
・早炊きするときは、炊けた後3分〜5分ほど放置
・炊き上がったらすり鉢で潰す
・すりつぶしたり裏ごしした後水分が少なければお湯を足して調節

つぶつぶの少ない10倍粥やなめらかな野菜ペーストを作ることができます🍚

 

さいごに

離乳食は毎日続けることが大切なので、無理のないように自分にあった調理方法をおすすめします。

たまには冷凍や、お出かけでどうしても離乳食が難しい時は1日くらいお休みしても問題ありませんので、肩の力を抜いて楽しく子育てしていきましょう👶

-離乳食

© 2021 ぐーたら主婦の子育て日記と独り言 Powered by AFFINGER5