イベント

お宮参りはいつ?服装は?何をするの?

お宮参りとは

お宮参りとは、赤ちゃんの誕生を祝い健やかな成長を祈る行事です。
生まれて初めて生まれた土地の守り神様である産土神様に参拝するのが一般とされています。

氏神様に赤ちゃんが無事に生まれたことを報告し、今後の成長を祈念するための行事です。
氏神様とは、生まれた土地の守り神で、「産土神様」や「鎮守神」とも呼ばれます。
お宮参りは「産土参り、初宮参り、初宮詣」などと呼ぶこともあります。

お宮参りの時期は、生後1ヵ月頃を目安に行う事が慣例になっています。

男の子では生後30、31、32日目、女の子では31、32、33日目が良いとされています。
地域によっても様々なので、両家の両親に確認すると安心です。

最近では、参拝時期や日数にこだわるよりも、赤ちゃんとママの体調や天気をみながら、都合のいい日に実施することが多くなりました。真夏や真冬の時期が生後一ヵ月にあたる場合は無理に行う必要はなく、時期をずらしてお宮参りに行くという方も多くいます。

実際、関東地方では生後30日から100日前後までと様々です。また北海道や東北地方も、寒い時期をはずし暖かくなってから行なう場合もあります。

また、祖父母が遠方に住んでいる場合等、何度も集まってお祝いをする事が難しいケースもあります。
お宮参りを行った後の食事会で、同時にお食い初めを行うという場合もあるので、各家庭の事情に合わせて調整をするとよいでしょう。

 

お宮参りの服装

▼  赤ちゃんの服装

伝統的なお宮参りの服装では、赤ちゃんに白羽二重の内着を着せて、その上に祝い着をかけます。祝い着は、男の子は鷹や鶴が描かれた熨斗目模様、女の子は手まりや蝶が描かれた友禅模様が主流です。

以前は、母方の実家から祝い着を贈っていましたが、現在はレンタルをする人も増えています。祝い着を使わず、ベビードレスにケープをかける洋装スタイルも人気です。

ベビードレスの準備には、ベビードレスと着物を購入するかレンタルをするか、親戚・知人などから借りるなど当日に間に合うように準備しましょう。

▼  家族の服装

付き添いの家族の服装は、赤ちゃんの服装に合わせるのが基本です。赤ちゃんに祝い着をかけるのなら、紋付の礼装や、無地の着物(色無地)や訪問着といった略礼装、赤ちゃんがベビードレスなら、スーツやワンピースの洋装にします。

最近は、赤ちゃんが和装でも付き添いの家族は洋装で参加するケースが多くみられます。

 

お宮参り

お宮参りの方法には2種類あります。通常の参拝と同じようにお賽銭を入れてお祈りする方法と、お祓いを受けて祝詞をあげてもらう方法です。

基本的には、一般の神社でのお参りと同じです。「二礼、二拍手、一礼」と覚えましょう。

神社の入口にある「手水舎(ちょうずや)」で手を清め、口をすすいでから社殿に進み、お賽銭をあげます。次に鈴を鳴らし、2回礼をし2回手を打ち、ここでお願いごとなどを手をあわせて祈願し、そして1回礼をします。

神社で祝詞をあげてもらうときは、お宮参りの日程が決まり次第すぐに神社に連絡をして予約しましょう。

 

初穂料の相場

祝詞をあげてもらう場合は、事前に神社に連絡をして申し込み、当日は謝礼として初穂料を用意します。
上段に「御初穂料」もしくは「御玉串料」、下段に赤ちゃんの姓名を表書きした、白い封筒または祝儀袋(紅白、蝶結び、のしなし)に入れて、お礼として渡します。

初穂料の金額は参拝する神社によって違いますが、平均的な相場は、5,000~10,000円です。初穂料の相場などはホームページや神社に直接電話で問い合わせるなど、事前に確認しておきましょう。

 

記念撮影

フォトスタジオや写真館でお宮参り写真を撮る場合は、早めの予約がおすすめです。
外出OKな衣装レンタル付きプランを用意している所も多くお手軽です。
お宮参りの前後いずれかで撮影をしましょう。

また、赤ちゃんやママのペースを考えて、お宮参りの日とは別に前撮りや後日撮影をする家庭も多いです。

もちろん、自分のカメラで撮影したり、出張カメラマンを呼んでも構いませんが、神社で撮影をする場合は、祈祷中などは撮影NGな場合もあるので、事前に確認しましょう。

 

食事会

お宮参りのあとは、お赤飯をたいたり、両親や両家の祖父母などが揃ってお食事をしたりしてお祝いをします。

お宮参りの後に家族で食事をするのであれば、神社の近くか記念撮影場所の近くでお店を探して予約しておきましょう。できるだけ移動時間が短くなるように工夫してくださいね。
また予約の時は「生後○ヶ月の赤ちゃんと一緒にお宮参りの後のお祝い膳のために」と伝えると、お店側でお部屋や献立に気を配ってくれることがあります。
(家族が何度も集まれない場合など、お食い初めを同時に行う場合はその事も予約の時に伝えましょう。)

また、家に戻ってからみんなでゆっくり食べられるように、テイクアウトや、仕出しの祝い膳を予約手配しておくという手もあります。もちろん家庭でお赤飯など、手作り料理でお祝いも少なくありません。

 

最後に

お宮参りは赤ちゃんが生まれて初めての大きな行事なので、できるだけ形式通りに行いたいと考えてしまいがちですが、生後間もない赤ちゃんと産後のママの体のことを考えると、無理をしすぎないことが大切です。

赤ちゃんが無事に成長することを祈って、家族の思い出に残るお宮参りを行えるといいですね^ ^

また、行事を詰め込みすぎると、赤ちゃんもママも疲れてしまうので、くれぐれも体調優先を心がけてください。

-イベント

© 2021 ぐーたら主婦の子育て日記と独り言 Powered by AFFINGER5