ベビードレス

ベビードレス、セレモニードレスおすすめブランド4選

ベビードレスとは?

ベビードレス(セレモニードレス、ベビーセレモニードレス)は、
お宮参りのなどに着せる、赤ちゃん用の晴れ着のことです。
初めて神様の前にお参りする時に、なにものにも染まらないという意味からも、ベビードレスの色は基本白とされています。
最近はデザインや色の種類も豊富で、淡いピンクや黄色、水色なども人気です。

• セレモニードレス
豪華なレースや刺繍がデザインのドレスです。

• ベビードレス
ドレスオール、新生児ドレスとも呼ばれ、裾部分が開いているワンピースのようなベビー服です。

レースや刺繍などのデザインが多くあり、赤ちゃんの足先まで隠れるくらいの長さのものが一般的です。

 

どんな時に着せるの?

ベビードレスを着せられるのは、基本的には行事ごとの数回しか着せない特別なお洋服です。
主に退院の日や、お宮参り、お食い初めといった晴れの日に着せてあげましょう。

退院の時に着せる洋服は特に決まってはいません。
おくるみや白のカバーオールなどを着せての退院も少なくありませんが、記念にと写真を撮ることを考えて、ベビードレスの赤ちゃんも多くいます。

また病院によっては写真を撮ってくれるところもあるので、ママとのツーショットや、パパと退院時に来てくれたご家族全員との集合写真を撮る時に、ベビードレスを着せると華やかで、良い記念になったりと、赤ちゃんにもママにも特別な日なのでおすすめです。

 

選ぶ時のポイント

•  素材
赤ちゃんの肌は非常にデリケートなので、できるだけ綿100%やオーガニックコットン100%の素材を使った、日本製など肌触りが良いものがおすすめです

•   サイズ
大きめなサイズの服を購入してしまうと、せっかく可愛いドレスを選んでも退院時の新生児の赤ちゃんにはとても不格好で不似合いになり、記念撮影なども台無しになってしまいますし、サイズがぴったりとしている方が赤ちゃんも着心地が良く、写真うつりも良くなります
また、50~70cmのフリーサイズと記載されているサイズのものもおすすめです。

•  季節
ベビードレスには春夏用、秋冬用と赤ちゃんが生まれる予定の季節に合わせて選ぶことができるので、デリケートな赤ちゃんのためにも温度調節には気をつけて選びましょう。

また他にも、スタイ・肌着・靴下・おくるみも必要となります。セットで販売されているところがほとんどですが、個別に購入が必要な場合もあります。
特におくるみは退院して病院の外に出る際には、冬は防寒になりますし、夏でもおくるみで赤ちゃんを包むと、抱きやすく赤ちゃんも安心するそうです。

 

ベビードレスおすすめブランド

ミキハウス
https://www.mikihouse.co.jp/

 

赤ちゃん本舗
http://www.akachan.jp/

 

ベビザラス
https://www.toysrus.co.jp/

 

ファミリア
https://www.familiar.co.jp/

-ベビードレス

© 2021 ぐーたら主婦の子育て日記と独り言 Powered by AFFINGER5