ベビードレス

ベビードレスとセレモニードレスの違いは?選ぶ時のポイントやおすすめブランド

Copyright © Nishiki Co. LTD, ALL RIGHTS RESERVED.

ベビードレスとは

ベビードレス(セレモニードレス、ベビーセレモニードレス)とは、赤ちゃん用の晴れ着のことです。
退院して帰宅する時や、お宮参りのなどの時に着せる特別な衣装になります。
初めて神様の前にお参りする時に、なにものにも染まらないという意味からも、ベビードレスの色は基本白とされています。
最近はデザインや色も多様で、淡いピンクや黄色、水色などが人気です。

購入に迷っている方は、レンタルや普段から使える白いカバーオールなどもオススメです。

 

※ ベビードレス、セレモニードレスの違い
本記事では、まとめてベビードレスとしてご紹介しますが、簡単にセレモニードレスとの違いをご説明します。

• セレモニードレス
豪華なレースや刺繍がデザインのドレスのことです。
最近は、普段使いもできるツーウェイオールと上に重ねるオーバードレスのセットをよくみかけます。

• ベビードレス
ドレスオール、新生児ドレスとも呼ばれ、裾部分が開いているワンピースのようなベビー服です。
こちらもレースや刺繍などのデザインが多くあります。
赤ちゃんの足先まで隠れるくらいの長さのものが一般的です。

 

新生児だけの特別なお洋服!

ベビー服を買う機会はこれから先もたくさんあると思いますが、ベビードレスを着せられるのは数回と限られています。
行事ごとの数回しか着せられない割には、値段はそれなりにするので購入を迷う方も少なくないと思います。

せっかくの晴れ着、着せてあげたい!でも予算も抑えたい、、。と思うママやパパには、レンタルを探したり、通販サイトやセールを狙うと安いものもあります。最近のベビードレスの中には、普段使いできるものもあるのでぜひ探してみてください。
もし中古でも気にしないのであれば、古着屋さんや、最近ではフリマアプリで購入するのもオススメです。一度しか着用していないものもあれば、「買ったものの使わなかった」と新品未使用品で出品されていたりもするので、予算と相談して探してみると、いいものが見つかるかもしれません。

 

どんなお祝いの時に着せるの?

主に退院の日や、お宮参り、お食い初めといった晴れの日に赤ちゃんが着装するお祝い着です。

退院の時は、おくるみや白のカバーオールなどを着せての退院も少なくありませんが、記念にと写真を撮ることを考えて、ベビードレスの赤ちゃんも多くいます。

また病院によっては赤ちゃんをたくさん撮ってくれるところもあります。
ママとのツーショットや、パパと退院時に来てくれたご家族全員との集合写真を撮ってくれる病院もあります。
ベビードレスを着せると華やかで、良い記念になりますし、赤ちゃんにもママにも特別な日なので、おすすめです。

 

選ぶ時のポイント

•  素材
赤ちゃんの肌は非常にデリケートです
できるだけ綿100%やオーガニックコットン100%の素材を使った、日本製など肌触りが良いものを購入しましょう。

•   サイズ
大きめなサイズの服を購入してしまうと、せっかく可愛いドレスを選んでも退院時の新生児の赤ちゃんにはとても不格好で不似合いになり、記念撮影なども台無しになってしまいます。

なるべく50~70cmのフリーサイズと記載されているサイズのものがおすすめです。
サイズがぴったりとしている方が赤ちゃんも着心地が良く、写真うつりも良くなります。

•  季節
ベビードレスには春夏用、秋冬用と赤ちゃんが生まれる予定の季節に合わせて選ぶことができます。
デリケートな赤ちゃんのためにも温度調節には気をつけて選びましょう。

また他にも、スタイ・肌着・靴下・おくるみも必要となります。セットで販売されているところがほとんどですが、個別に購入が必要な場合もあります。

おくるみは退院して病院の外に出る際には、冬は防寒になりますし、夏でもおくるみで赤ちゃんを包むと、抱きやすく赤ちゃんも安心するそうです。

 

アマゾンで買えるおすすめドレスブランド

S'M(エスエム)

 

chuckle BABY

 

OP mini

-ベビードレス

© 2021 ぐーたら主婦の子育て日記と独り言 Powered by AFFINGER5